1. トップページ
  2. 機密書類の分別方法
  3. 紙ファイル・ノート

溶解処理サービスで選別不要な物

紙ファイル・ノート

機密文書の溶解処理サービスでは、紙類に付随する最小限の禁忌品の混入が許されております。 禁忌品が大量になる場合は、溶解処理以外の方法でご対応致しますのでお気軽にご相談下さい。 溶解処理を行う際、画像の紙ファイルについて、中身が紙のみの場合は、選別不要で問題ありません。 紙を留めるプラスチック部分についても選別不要となります。 ノートについても、金属の留め具部分を外す必要はありません。そのまま箱詰めして下さい。

※ 溶解処理サービスに関する禁忌品とは、紙以外の製品全般(ビニール・プラスチック・金属など)を指しています。 紙ファイル・ノート

戻る

Page top