1. トップページ
  2. ダンボール箱回収処理手順

ダンボール箱回収による溶解

溶解処理サービスのご利用手順 機密文書や不要な書類の廃棄処分にお困りの方は、完全未開封処理を採用している株式会社ワタコーをご利用下さい。 法人・個人のお客様に同等のサービスを公平にご提供致しております。 株式会社ワタコーで書類を廃棄処分(リサイクル)する場合の回収手順を下記にまとめました。

機密書類の箱詰め

①機密書類をダンボール箱に詰めて頂きます

機密文書・機密書類を、ダンボールの箱に入れて頂きガムテープで封をして頂くだけで結構です。 クリップ・キングファイルやバインダーなど選別せずにそのまま重要書類と一緒に入れて頂いて構いません。 CD、フロッピー、ビニール製品など紙製品以外の混入は、ご遠慮下さい。

禁忌品の混入はNG

お客様によるお問い合わせ

② お問い合わせフォームまたは お電話にてご連絡ください

お問い合わせフォームまたは直接お電話にてご連絡ください。回収日時等を調整の上、確認書をメールにてご案内致します。 確認書は双方の決め事に不具合が生じない為に発行致しております。

お客様によるお問合わせ

弊社従業員による機密書類の回収

③ セキュリティー付き専用車にて安全回収

機密書類の回収は確認書に記載された日時に弊社社員がお伺いします。 荷崩れで漏洩の危険が無い箱型車での回収。開閉センサーなどのセキュリティーも完備 もちろん、開閉部分にはカギを使用致しておりますのでご安心下さい。 機密書類の安全管理は徹底していますのでご安心下さい。

箱型、施錠付きのトラックで回収

お客様による確認のサイン

④ お客様の大切な機密書類をお預かり致します

身分証を付けた弊社担当員が、回収へ伺った際、廃棄処分する重要書類と引き換えに、「受領確認票」へサインを頂き、お客様へ控えをお渡し致します。 受領確認票は機密書類をお預かりした証拠となりますので、処理が完了するまで大切に保管して下さい。

受領確認票の控え

専用倉庫で溶解処理

⑤ 製紙メーカーにて溶解処理

機密文書・機密書類を回収した後は、製紙工場へ搬入しリサイクル致します。 製紙工場では、紙類の溶解処理を行う機械(パルパー)の中へ、回収した状態で、封を開けずに投入し、書類の廃棄(溶解処理)が行われます。

密閉された専用工場で溶解処理

溶解証明書などメールでご案内

⑥ 溶解証明書を無料で発行

溶解処理が済みしだい製紙工場より、「溶解証明書」が発行されます。 溶解処理後お客様の機密書類はトイレットペーパーや板紙にリサイクルされます。 溶解証明書・請求書などは、溶解処理完了後、担当者様へメールでご案内致します。各種証明書はPDF形式にて発行致しております。 原本が必要な方は後日郵送(別途料金540円)で送る事も可能です。お問い合わせ時にお申し付け下さい。

紙製品にリサイクル

各種サービスによる回収手順

  • 機密ボックス回収手順

    機密ボックス回収コース

    重要な機密文書類の廃棄をボックス単位で回収。機密情報の内部漏洩が気になるお客様はご利用下さい

    機密書類ボックス 回収手順
  • パソコン回収手順

    パソコン回収コース

    重要な機密データの廃棄には磁気消去+物理破壊。二重のデータ消去を採用しております。

    パソコンのデータ消去 回収手順
  • 大口持込手順

    大口持込コース

    コスト削減・機密文書類の大量廃棄には大口持込。機密情報の外部漏洩が気になるお客様はご利用下さい

    機密書類の持ち込み手順

Page top