1. トップページ
  2. 機密文書溶解処理
  3. 大口持込溶解処理

大口持込溶解処理|機密文書の格安廃棄

お客様のニーズに合わせた3つの機密溶解処理コースをご用意致しました。

機密書類・機密文書の外部漏洩が気になるお客様はダンボール回収での溶解処理を
機密書類・機密文書の内部漏洩が気になるお客様は機密書類BOX回収での溶解処理を
機密書類・機密文書を大量に格安で処理したいお客様は大口持ち込み溶解処理をご利用下さい。

書類の溶解 ナビゲーター

ダンボール箱回収について 機密書類の溶解 機密BOX回収について 重要書類の廃棄 大口持込について

 

大口持込溶解処理|溶解動画(無料サービス)

溶解動画サービスについて (溶解処理証明画像つき)

溶解動画サービスは無料でご利用頂けます。 立会い不要で機密書類の溶解処理をご確認頂けます。 ご利用は、お問い合わせの時にお申し付け下さい。 動画の再生が始まらない場合は、こちらから最新の flashプレイヤーをインストールしてご確認下さい。 ※製紙メーカーの事情により、利用出来ない場合も御座いますのでご了承下さい。

ダンボール箱について (SAMPLEの画像を参考にして下さい)

動画の確認には、お客様特有の印を付ける事をお勧めします。
1. ダンボール箱に紙を貼り付ける。
2. カラーテープを使用して封をする。
3. 色の付いたダンボールを使用する。
など、お客様の方でご自由にお試し下さい。

格安廃棄コース|大口持込溶解処理

大口持込溶解処理コース(300箱から対応・立ち合い費用は無料となります)

機密書類を大量に、しかも格安で処理したいお客様にご利用頂けます。
機密書類の箱数は最低300箱以上からご利用頂けます。
詳しくは、下記の溶解処理サービスの注意事項をご覧下さい。

書類の溶解 持込トラック

書類の持込 ワタコーにお問い合わせ

書類の持込 事前チェック

書類の持込 打ち合わせ

書類の持込 トラックと積荷の準備

書類の持込 製紙メーカーをご案内

書類の持込 溶解処理完了 デジカメ撮影サービスや溶解証明書の発行

書類の持込 料金

溶解処理サービスの特徴

株式会社ワタコーではお客様の機密文書を安全に処理する事はもちろん、 環境にもやさしい溶解処理を採用致しております。 溶解処理とは、製紙工場のパルパーの中へ機密書類や不要な紙類を投入して水と混ぜながら液状化の状態にし、 また紙として再生される処理をいいます。 大気中に余計な二酸化炭素を出すことなく 紙だけが再生されるので地球環境を考える上では、最良な方法です。

各種証明書をWEB上で管理

お客様ごと、個別のパスワードにて管理。溶解処理完了後、迅速に発行致します。 各種証明書・溶解処理動画の確認は、郵送によるタイムラグを無くし、お客様の見たい時に、ご確認頂けます。

回収前 確認書の発行 (無料サービス)
溶解処理後 溶解証明書の発行 (※無料サービス)
溶解動画・証明書の発行 (無料サービス)
請求書の発行 (※無料サービス)
デジカメ撮影サービス (有料サービス540円)
※原本が必要な場合は郵送料として、別途540円発生致します。

箱のサイズ・重さについて

機密文書 紙類 古紙リサイクル 株式会社ワタコー ダンボール説明

溶解動画はこちら

大口持込|溶解処理サービスの注意事項

  • 紙以外の物を大量に含みますと、溶解処理をお断りする場合が御座います。
  • お断りした場合、持込した機密書類は持ち帰って頂きますのでご了承下さい。
  • 機密書類の持ち込み、溶解処理現場の立会いには事前の予約が必要になりますのでご注意下さい。
  • 箱のサイズについて箱のサイズが、3辺合計130儖未糧△砲弔ましては、2箱分としてカウント致します。
  • 基本サイズ120僂鯆兇┐詒△防佞ましては、別途料金の対象となりますのでご注意下さい。
  • 溶解証明書・請求書などは基本的にPDF形式で発行します。原本が必要な場合は別途540円でご郵送致します。
  • お支払いは現金又は、お振込みでお願い致します。お振込み先については、請求書に明記しております。
  • 機密書類の取引に関するQ&Aはこちらをクリックして下さい。
 

機密書類の箱詰めに関する重要事項

紙のリサイクルに関する注意事項

製紙メーカーからのクレーム対応につき、機密書類を回収の際に弊社担当員が不審に感じた箱に限り、お客様立会いの下、品質チェックをさせて頂きます。 その際、下記の画像のような物が混入しない様、(フロッピー、CD、ベタカーボン、書類の挟んでいない空ファイル、写真、大量のビニールを使用した製品などは混入しないで下さい。)事前に仕分けをお願い致します。 詳しくは、機密書類の分別方法をご覧ください。今後とも株式会社ワタコーの機密文書溶解処理サービスをお客様にご提供出来る様、努力して参ります。お客様にはご迷惑をお掛け致しますが、ご協力の程、宜しくお願い致します。

  • 禁忌品・大量のビニール

    書類を挟んでいても大量のビニールを使用している製品の混入はNG

  • 禁忌品・プラスチック製品

    書類を挟んでいてもプラスチック製品の混入はNG(紙ファイルに含まれる留め具部分はOK)

  • 禁忌品・空ファイル

    中身の入っていない空ファイルの混入はNG。書類(紙類)のみ挟んでいる場合は混入OK

機密書類の溶解に関する注意事項

上記の画像の様な物が大量に含まれると機密書類のリサイクルが出来ません。お客様の方で仕分けが困難な場合など溶解処理以外の方法でご対応させて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

溶解処理立会いサービスについて

大口持込は無料 「機密レベルが高い書類のため、確実に溶解処理される過程を自分の目で確認したい」 というお客様のために、製紙メーカーでの溶解処理現場への立ち会いが可能なサービスもご用意しております。 製紙メーカーの密閉型倉庫内には立ち会い専用の待機室があり、溶解処理の様子をモニター画面で確認いただけます。 大口持込のお客様に限り、溶解処理現場の立会いは無料となります。

  • 禁忌品積み込み

    密閉型倉庫内の待機室モニター・エアコン・トイレ完備の待機室。

  • 飛散防止対策

    待機室のモニター画面モニター画面より、リアルタイムに処理状況を確認頂けます。

不要品回収もお任せ下さい

個人宅の建て替えやオフィスの事務所移転時に発生する、不要品の回収業務を始めました。 書類の廃棄に伴う、少量から大量の不要品回収を、柔軟にご対応致します。お見積りなどは、無料なので、お気軽にご相談下さい。 詳しくはこちらの 不用品回収専門の会社 合同会社ワタコーネットワークスをご覧下さい。 

不要品の回収は、合同会社ワタコーネットワークス

Page top