1. トップページ
  2. ダンボール箱回収処理手順
  3. ボックスの回収処理手順

機密ボックス回収による溶解

ボックスサービスのご利用手順 オフィス内にあふれる機密文書や不要な書類の廃棄処分にお困りではありませんか? 多数の従業員を抱える企業内で、会社内部から情報が漏洩してしまう事件、事故が多発しています。 機密情報が売買できる現在、内部からの漏洩を防ぐ対策も必要となっている事が現状です。 株式会社ワタコーでは内部漏洩対策に有効な、施錠付き回収ボックスを用意致しました。 機密ボックスの導入に関する回収手順は下記を参考にご覧下さい。

ダンボール箱回収に関する手順はこちらになります。

お客様によるお問い合わせ

①お問い合わせフォームまたは お電話よりご連絡ください

お問い合わせフォームまたは、お電話にて機密ボックスのご利用数をご連絡下さい。弊社の方で機密ボックスの在庫を確認致します。 機密ボックスの在庫が無い場合は受注生産となりますので、ご利用日の1ヶ月位前に余裕を持ってご連絡下さい。

お客様によるお問合わせ

お試しキャンペーンの利用

② 本契約の前に、機密ボックスお試しキャンペーンがご利用頂けます。

最大2ヶ月間のお試しキャンペーンは、初回処理費用が無料となっております。無料期間中に定期回収・スポット回収どちらのコースを利用するか決めて頂きます。
機密ボックスお試しキャンペーンを利用される場合、弊社よりお試しキャンペーンの確認書を発行させて頂きます。
確認書にはお試しキャンペーンの概要が記載されていますので、必ずご確認する事をお願い致します。
※お試し期間中に弊社のサービスがお気に召さない場合は、お取引を断る事も可能です。

お試しキャンペーンの利用

機密ボックスの設置・回収

③ セキュリティー付き専用車にて安全回収

機密ボックスの用意が出来ましたら、弊社担当員が御社まで設置に伺います。
機密ボックスにはファイル・バインダーなど選別せず、そのまま重要書類と一緒に投入しても問題ありません。
書類が満タンになる3日位前に余裕を持って弊社宛に、回収のご依頼をご連絡ください。回収日時を調整の上、弊社担当員が回収へ伺います。
弊社の機密ボックスは内袋交換回収となっております。機密ボックスの内側に袋を設置しその袋の中に縦長のダンボール箱が設置してあります。 設置したダンボール箱は、通常のダンボール箱(3辺合計100cm)約3個分入れる事が可能となっております。 もちろん回収時に内袋は施錠をして回収致します。トラックでの輸送は、荷崩れで漏洩の危険が無い箱型車での回収。開閉センサーなどのセキュリティーも完備。 もちろん、開閉部分には施錠を完備致しておりますのでご安心下さい。 機密書類の安全管理は徹底していますのでご安心下さい。

箱型、施錠付きのトラックで回収

お客様による確認のサイン

④ お客様の大切な機密書類をお預かり致します

身分証を付けた弊社担当員が、回収へ伺った際、廃棄処分する重要書類と引き換えに、「受領確認票」へサインを頂き、お客様へ控えをお渡し致します。 受領確認票は機密書類をお預かりした証拠となりますので、処理が完了するまで大切に保管して下さい。

受領確認票の控え

専用倉庫で溶解処理

⑤ 製紙メーカーにて溶解処理

機密文書・機密書類を回収した後は、製紙工場へ搬入しリサイクル致します。 製紙工場では、紙類の溶解処理を行う機械(パルパー)の中へ、回収した状態で、封を開けずに投入し、書類の廃棄(溶解処理)が行われます。

密閉された専用工場で溶解処理

溶解証明書などメールでご案内

⑥ 溶解証明書を無料で発行

溶解処理が済みしだい製紙工場より、「溶解証明書」が発行されます。 溶解処理後お客様の機密書類はトイレットペーパーや板紙にリサイクルされます。 溶解証明書・請求書などは、溶解処理完了後、担当者様へメールでご案内致します。各種証明書はPDF形式にて発行致しております。 原本が必要な方は後日郵送(別途料金540円)で送る事も可能です。お問い合わせ時にお申し付け下さい。

紙製品にリサイクル

機密ボックスのご契約

⑦ お試しキャンペーン終了後、2年間の契約となります

機密ボックスお試しキャンペーン期間終了後、継続して弊社をご利用頂く場合は、2年間の契約とさせて頂きます。
ご不明な点など御座いましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。 ※定期回収、スポット回収には2年間レンタル費用が発生致します。定期回収で1週間に一度以上回収の契約の場合のみ機密ボックスのレンタル費用は発生致しません。

契約締結

Page top